News

11月8日(月)

・本の紹介

・輪読

『アフリカを食い荒らす中国』河出出版新社、2009年、~199頁。

 

 

10月18日(月)

・本の紹介(小口)

・輪読

川島真編『中国の外交』山川出版社、2007年、~114頁。

「中国は今後どのような文化外交を行っていくべきか」

 

10月4日(月)

2限

・本の紹介(羽尾)

・輪読

阿南友亮「海洋をめぐる日中関係」

①9月7日に尖閣諸島付近で起きた海上保安船と中国政府の一連の対応の是非

②日中間の領土問題に対して、今後日本政府はどのような対策をとるべきか。

 

4限~

後期活動について(多分参加10人程度)

詳しくはRecordの頁を。

 

9月24日(金)

上海研修@中国・上海

AM:在上海日本総領事館訪問

PM:復旦大学訪問・交流会

 

あとはこの近辺の日程で多くのゼミ生が上海万博に行き、マスコットの海宝君グッズを買ったりしました。

9月20日(月)

・本の紹介(中澤)

・グループワークからの発表

テーマ「中国人のビザ緩和について訪日中国人の数を増やすにはどうすればよいか」

8月3日(火)

合宿3日目

・10:00 チェックアウト

・大涌谷観光

 

8月2日(月)

合宿2日目

・論文構想②  

・ディスカッション①「チベット独立について」

 ・Yasuko's English Lecture

・ディスカッション②「外国人労働者問題」

 ・本紹介

 ・飲み会

8月1日(日)

合宿一日目

・論文構想発表①  

・ディスカッション「日本の地方における過疎化問題を解決せよ」

2チームに分かれ、ディスカッション後、プレゼン。プレゼンターに高原先生も参加。

 ・BBQ

 

 

7月11日(月)

2限

・ディベート(司会:片山、審判:高原先生・羽尾・中澤)

「小泉純一郎元首相は靖国神社に参拝し続けるべきであったか、否か」

参考文献)高橋哲哉『靖国問題』ちくま新書、2005年。

 

・5限~

前期反省会

 

・20:00頃~

前期納会@池袋東武ビアガーデン

 

 

7月5日(月)

・輪読(司会:鵜飼)

進藤榮一『東アジア共同体をどうつくるか』ちくま新書、2007年、163頁~。

参考)高原明生「中国の新安全保障観と地域政策―90年代後半以降の新展開」

    王逸舟「東アジア共同体概念をめぐって 中国的視点から」(『国際問題』2010年4月、26頁~       34頁)

6月28日(月)

・輪読(司会:荒川)

進藤榮一『東アジア共同体をどうつくるか』ちくま新書、2007年、8頁~162頁。

参考)高原明生「中国の新安全保障観と地域政策―90年代後半以降の新展開」

    王逸舟「東アジア共同体概念をめぐって 中国的視点から」(『国際問題』2010年4月、26頁~       34頁)

6月27日(土)

東京大学・世田谷市民大学合同ゼミin立教大学

13:00~

2チームに分かれて「東アジア共同体」、「中国の政治体制」について議論。

その後全員で「今後の日中関係」について話す。

 

18:00~

懇親会@天狗池袋西口公園前

3大学の代表選手(6名)は2次会を同じく西口の「駄菓子バー」で行う。

6月21日(月)

・輪読(司会:石川)

星野昌裕「中華ナショナリズムと少数民族問題」(『国際問題』2010年4月、35頁~44頁)

 「少数民族~チベットと新疆の反乱」(著者など不明)

 

6月19日(土)

中村橋・芦沢邸でのサッカーW杯(日本対オランダ)テレビ観戦(参加者10人くらい)

6月14日(月)

・輪読(司会:片山)

谷口洋志・朱珉・胡水文『現代中国の格差問題』同友館、2009年、153頁~274頁。

6月6日(月)

2限

・地域の紹介(上海市:小口、貴州省:中澤)

・本の紹介(鈴木)

・輪読(司会:片山)

谷口洋志・朱珉・胡水文『現代中国の格差問題』同友館、2009年、1頁~150頁。

 

5月31日(月)

2限

・輪読(司会:高木)

遊川和郎『中国を知る ビジネスのための新しい常識』日経文庫、2007年、167頁~211頁。

参考論文)

岸保行「台湾・香港・中国に進出した日系ものづくり企業で働く長期勤続マネジャー―その生成過程と特質に関する比較社会学的研究―」

園田茂人「アジア日系企業における現地従業員の“まなざし”:時系列的分析による知見から」

 

18:00~

・ゼミpart2

プレゼン、グループディスカッション、フィードバック(参加者6名)

5月24日(月)

2限

・本の紹介(担当:芦沢、金)

・輪読(司会:鈴木)

遊川和郎『中国を知る ビジネスのための新しい常識』日経文庫、2007年、87頁~165頁。

関志雄「中国経済の現状と展望」2010年。(日本記者クラブの論文)

5月18日(月)

2限

・知識の共有(担当;鵜飼、高木)

・輪読(司会:青木)

遊川和郎『中国を知る ビジネスのための新しい新常識』日経文庫、2007年、1頁~86頁。

 

・18:00~

ミーティング

今後の文献、活動(合同ゼミ・合宿等)、サブゼミの方針などについて話し合う。(参加者10名)

その後、焼肉食べ放題へ(@池袋西口)

5月10日(月)

2限(高原先生不在)

・輪読(司会:太田)

国分良成編著『現代東アジア』慶應義塾大学出版会、2009年、1頁~184頁・349頁~402頁。

 

4月30日(金)

18:15~

・ゼミの進め方について

前回先生からご指摘を受けたことについて、10人ちょっとくらいの人数で話し合う。

 

20:30頃~

・ミーティング参加者中、9人参加で池袋西口で軽く飲む。

ゼミ長が揚げ物を注文しまくって胃が重い。

4月26日(月)

2限

・輪読(司会:芦沢)

国分良成編著『現代東アジア』慶應義塾大学出版会、2009年、229頁~347頁。

 

4月19日(月)

2限

輪読(司会:中澤)

国分良成編著『現代東アジア』慶應義塾大学出版会、2009年、187頁~228頁。

17:00

今後の方針についてミーティングを行う。

なお、議論等の内容については“Recoad”の頁を参照されたい。

19:30

台湾料理「夜来香」にて中華食べ放題&飲み放題で親睦を深める。一部メンバーは「つぼ八」で2次会。3年連続の流れを踏襲する。

2010年4月12日(月)

2限

2010年度高原ゼミ結成。小口貴晃代表(4年)就任。

ゼミの運営、今後の活動等について簡単に話し合う。

自己紹介を行うも、ほとんど名前を覚えていない。たぶん。

 

Hey Visitor!